痩せない二の腕にはエステの体験

夏になるといつもオシャレなノースリーブを着たいと思うのに、着ようとすると二の腕のたるみが気になって着れないという経験をしている人はきっと多いのではないでしょうか。

子育てに忙しかったりして、二の腕のケアにまで手が回らず、いざノースリーブを着たいと思ったら着られる二の腕の状態ではなかったというのは非常に残念です。ノースリーブが着られる二の腕にするためにはどうしたらよいのでしょうか?

二の腕を細くするためには、やはり筋トレや食事管理が必要そうです。自分だけでどうにかするのが難しそうであれば、とりあえず、エステの体験を受けるというのもいいかもしれません。

そもそも、二の腕はどうして太くなってしまうのでしょうか?

二の腕が太くなる主な原因として挙げられるのは「皮膚のたるみ」「脂肪の蓄積」「セルライトの蓄積」です。人によって、このうち1つだけの原因の場合もあれば、全て当てはまってしまう場合もあるでしょう。

エステ体験ならこちらのサイト 体験談で徹底比較!人気の痩身エステの効果をリサーチしてランキング エステサロンの体験談をもとにした情報を紹介しております。
「皮膚のたるみ」は筋肉が使われずにたるんでしまった状態です。二の腕の場合、内側の上腕二頭筋は重いものなどを持つ際などによく使われるのですが、外側の上腕三頭筋は普段はあまり使われる筋肉ではなく、ここがたるむことで二の腕にたるみが出るのです。

「脂肪の蓄積」は体全体の脂肪が多い場合、二の腕も同様に脂肪がついて太くなるという状態です。二の腕は脂肪がつきやすく、落ちにくいため、太ると腕も太くなったまま戻らなくなります。

「セルライトの蓄積」は、上腕三頭筋があまり使われないために、老廃物を運ぶリンパ液の流れが悪くなってしまって起こります。リンパ液が二の腕に滞ってしまうと、その部位はブヨブヨした状態になります。

リンパ液が滞ると、老廃物もとどまってしまうため、その老廃物と脂肪がくっつく状態となり、セルライトを生成してしまいます。セルライトが肥大化すると、肌が凹凸になって見えるぐらいになってしまいます。

体は太っているわけではないのに、二の腕だけが太っているという場合はセルライトが原因の可能性が高いです。

つまり、太っていなくても、運動不足などで筋力が落ちてしまうと、セルライトが生成されやすくなってしまうということです。冷え症の場合などもリンパ液が滞りやすくなるので、セルライトができやすくなります。

二の腕を細くするには、筋力の回復、つまり筋トレが有効です。脂肪が原因の場合は、同時に食事の制限もしたほうがよいでしょう。筋トレはダンベルや水の入ったペットボトルなどを使って、家ですることもできます。

テレビを見ながらなどの「ながら運動」などで鍛えていくのが長続きのポイントです。しかし、筋トレをすることは必要ですが、急に効果が出せるかというとそうではありません。効果を実感するのには非常に時間がかかるため、挫折してしまう可能性も非常に大きいといえます。

なるべく早く効果を上げるには、エステに行くというのも良いでしょう。しかし、子育てなどにお金がかかる時期は、自分自身のエステ代などは捻出できない場合も多いと思います。

そのような場合はまずエステの体験を受けてみるというのがいいかもしれません。体験なので、無料というのが魅力的だし、エステでの二の腕のケアがどのようなものか知ることができる点でもいいでしょう。

二の腕を細くするにはエステに行くのが一番近道なので、エステの体験を、まず受けてみるのが良いのではないでしょうか。